食事の代わりにサプリメント

田んぼの真ん中を歩くキジ

私が住んでいる所は関東平野のど真ん中、田園風景の広がるのどかな田舎町です。
高いビルは全くなく見渡すと田や畑ばかりです。
ある日、そんな田園風景の中を車で走っていたら、見慣れない鳥が田んぼを歩いていました。
一瞬、ニワトリかと思ったのですが、キジだったのです。
こんな田んぼの真ん中にキジがいるなんて、珍しい光景だったので携帯で写真を撮りました。
おそらく、野性のキジではなく、どこかの家で飼われていたキジで逃げ出したのだと思います。
帰宅後、携帯で撮ったキジの写真をよく見たのですが、あまりにも小さく写っていたのでよく分かりませんでした。
ですが、貴重な体験をしました。

食事代わりにサプリメントを摂取

食事代わりにサプリメントを摂取することには、デメリットがいくつかあります。
単一栄養素の摂りすぎが、その中でも一番にあげられます。
ひとつの栄養素だけを摂りすぎてしまうということは、ふつうの食事ではまずありません。
サプリメントによる栄養素の摂り過ぎと、カロリーの摂り過ぎはまったく性質の異なるものです。
満腹感が得られにくいサプリメントの場合、単一栄養素の摂りすぎを、食事代わりに摂ったりすることで引き起こしやすいといえます。
サプリメントを食事代わりにした場合には、咀嚼の問題も考えられるでしょう。
食事代わりにサプリメントを摂ることにより噛む事がなくなるので、唾液の分泌、顎や脳への刺激が低下することになります。
さらにサプリメントの成分の問題もあります。
添加物が通常の食事においても問題視されるようになったのはよくご存知ではないでしょうか。
サプリメントは、その形状を保つために人工的に加工されています。
つまりは、いろいろな添加物が使用されており、食事代わりに摂ることにより、通常の食事で摂るよりもはるかにたくさんの添加物を摂取していることになります。
サプリメントに含まれる栄養素そのものの質の問題もあります。
人工的に合成された栄養素は、決して体に優しいとは言えないでしょう。
このようないろいろな理由を見てみると、お勧めできることではないのがサプリメントを食事代わりに摂取することです。
健康に役立つサプリメントも利用の仕方を間違えると、デメリットが生じる場合もあるので、用量や用法を守ってサプリメントを活用していただきたいものです。

冬期限定のチョコレート

溶けやすい仕様のため、冬の間にしか販売されないチョコレートがあります。
私は、それらのチョコレートのなかでも、特にラムレーズンが入ったものが好きです。
しかし、チョコレートにしてはちょっと値段が高めなため、特売をしているときに2つ3つとまとめて買っています。
夫も好きなのですが、ついつい夫が仕事で留守のときに、一人で食べてしまいます。
そろそろ販売期間の終了も近づいてきました。
年間通して販売してほしいと思うのですが、それではあの口どけの良さが失われてしまうのかもしれません。

メリット

なにかメリットが、サプリメントを食事代わりに利用することであるのでしょうか。
食事代わりにサプリメントを摂ることは、一見とても効率がよさそうに思えます。
水でごくりと飲めるサプリメントを食事代わりにすれば、確かに時間はかかりませんし、効率よく求める栄養素だけを摂取することができるでしょう。
ですがやはり、食物の持つ栄養素にはサプリメントはかなわないのです。
他の栄養素の吸収を助けたり、その効果を高めたりする力があるのが、栄養素の特徴です。
つまり栄養素は、単体では十分に力を発揮することができません。
サプリメントを食事代わりにするなら、その効果も加味してサプリメントの飲みあわせや量を計算しなくてはなりません。
その食物単体の中に、栄養素の働きを高める組み合わせの栄養素が含まれていることが多い食物は、食べあわせで効果をあげる組み合わせがある以前に非常に優秀な栄養源なのです。
サプリメントは手軽にごくりと飲めるものなのですが、これは咀嚼をしないということを意味するものです。
健康においても、食物を噛んで食べることは大切なことです。
がん予防や痴呆症の予防に、咀嚼は効果があると言われているようです。
メリットよりもデメリットの方が多いのが、普段の食事をサプリメントだけにすることです。
毎日の食事代わりにサプリメントを摂取することのメリットは、そのままデメリットに関係してくるといえます。
食事のメインとしてサプリメントを摂取するのではなく、それでも補えない分に対してサプリメントを活用するようにし、まずは普段の食事の栄養バランスを見直すことが第一なのです。

無駄毛に悩んでいます

私の長年の悩みは体毛が濃い事です。
特に脛の毛や腕の毛は男性のように太くまっ黒で、剃ってもプツプツの毛穴が目立ってしまいます。
生えてくるスピードも早いようで、夏場なんかは毎日処理をしないと素肌を出せず、かといって剃刀での処理では肌がボロボロになってしまいます。
人からの見え方が気になって、オシャレをするのにも幅が狭くなってしまいます。
こんな悩みを抱える方、意外とたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな女子の嗜みである脱毛ですが、最近では男性でも脱毛をする方が多くいらっしゃるんだそうです。
クリーム脱毛やエステ、病院、さらに最近では市販の機械まであってどれがいいのか迷ってしまいますよね。
また、効果が高そうなものは当然ですがお値段が気になったりします。
一歩踏み出してみたいとは常々思うのですが、自分にあったものを探す前についつい剃刀処理を続けてしまいます。
しかし方法が多岐にわたる分、気軽に試せる機会も増えたように思えます。
さまざまな方法に挑戦して最適な脱毛方法を見つけましょう。
更新履歴